テラテック工法の特長 沈下修正・地盤沈下・軟弱地盤ならテラテック

沈下修正・空洞充填のテラテック

テラテック工法の特長

いつものお仕事を続けたままで沈下・傾きのお悩みを解決します

床を壊さないから設備や荷物の撤去不要

「テラテック樹脂の膨張力を使い、沈下・傾いた構造物を持ち上げ、水平にする」 今までになかった、この発想が床を壊さずに水平に戻すという不可能を可能にしました。
工法のイメージ
  • 傾きを計測。修正箇所に
    1円玉より小さい注入孔をあけます。
  • テラテック樹脂をコントロールしながら注入し、 膨張させます。
  • 膨張力で床を押し上げてミリ単位の精度で計測し床を水平にします。
工事による営業停止時間「ゼロ」の提案

これまでコンクリート土間床の傾き修正は新しい床を打ち替える工事が主流でした。
しかし、新しい床を作るまでの間、業務をとめなければなりません。
打ち替え工事は工事範囲の生産力をなくすだけでなく床を解体するために
機械・什器・荷物の移動、新たな置き場所の確保が必要で、工事後の機械の再設置まで含めると30日以上(500~1000m²を想定)の業務停止が必要となる場合があります。
テラテック工法ならこの30日の業務停止時間を「ゼロ」にすることが可能です。

テラテック工法と
コンクリート打ち替えの比較
業務停止の原因 コンクリート打ち替え テラテック工法
機械や荷物の撤去移動 3日 0日
工事期間中には営業できない、製造ラインを止める 20日
撤去した機械や荷物をさらに設置・機械の調整 5日
養生期間 2日
※ 打ち替え工事500㎡~1000㎡想定 合計30

テラテック工法とは

1.テラテック樹脂を膨張させて、床をもちあげます。

特殊配合の硬質ウレタン樹脂「テラテック樹脂」を使います。
「テラテック樹脂」はコンクリート土間床下で膨張し、傾いた床をミリ単位の精度で計測し正確に押し上げます。解体工事等は全く必要ありません。

2.樹脂の膨張力を使います。

注入された樹脂は数秒で膨張を始めます。膨張した樹脂はすき間や空洞を埋めます。
次に柔らかい地盤を押し固め、行き場所がなくなった膨張は傾いた床を上に向けて 押し上げます。
膨張は十数秒で止まります。樹脂の硬化時間は10分程度です。 この樹脂と施工技術で正確に床の傾きを修正します。

3.1円玉よりも小さな注入孔

「テラテック樹脂」を注入する孔は直径16ミリ。
また注入孔の数も必要最小限におさえ施工時のクラック発生を最小限におさえます。
1円玉よりも小さな孔から床下に樹脂を注入するのでコンクリート土間床の強度を低下させません。

 
4.コンクリート土間床の、傾き・段差の修正・空隙(隙間)の充填、振動の低減に効果発揮

テラテック工法は地盤の沈下で「傾いた床」「たわんだ床」「ジョイントの段差」「床下の空隙」「床の振動」などの 問題を短時間で解決します。
施工対象は工場、倉庫、店舗、配送センター、教室、体育館、パチンコ店、 コンクリート道路、空港など様々な場所で適応できます。

5.工事終了直後に大型トラックが通過しても大丈夫

注入されたテラテック樹脂は施工後15分の養生後には大型トラックの通行が可能です。
営業を止めないコンクリート土間床の傾きや段差修正を実現しました。

6.24時間365日、休日や夜間も短時間で施工します。

工事で業務を止めない「テラテック工法」は、日本全国、24時間365日いつでも対応しています。
だから休日や夜間の作業も気軽にお申し付けください。業務が終わった夜10時から翌朝6時まで施工をして、8時から通常通り営業したという事例も短時間施工の「テラテック工法」ならたくさんあります。

工事の工程

工程1 傾いている床に小さな注入孔をあけます

  • 現場の状況を確認し、必要な位置に注入孔をあけます。
  • 削孔には振動ドリルを使用します。
  • 粉塵対策のために工業用掃除機を使用します。

工程2 注入孔よりテラテック樹脂を注入します

  • 90mのホースを使い注入します。
  • 商品養生はほとんど必要ありません。
  • 設備や荷物の移動はほとんど必要ありません。

工程3 ミリ単位の精度で計測し、床の傾き段差を修正します

  • 熟練された技術者がレーザーレベルなどを使用し工事を管理します。
  • 樹脂の選択、注入量、硬化時間、技術力でミリ単位の精度で計測し
    床の修正を行います。
  • 修正は部分的な注入でなく、範囲全体が均等なレベルになることを
    目標とします。

施工例

工場での段差修正
【症状例】
機械の振動が大きい
商品に不具合が出た
倉庫での商品棚のたわみ修正
【症状例】
フォークリフトの走行に支障が出る
商品を積んだ時にバランスが崩れやすい
スーパーマーケットでの段差修正
【症状例】
お客様のカートが勝手に動き出す
お客様がつまづいたことがある
マンションでの建て付け修正
【症状例】
引き戸が重く感じる
壁に隙間が出来ている

環境への配慮

テラテック工法は、環境に配慮した工法です。
国内の専門機関に依頼して、使用している原材料が法律に準じているかを確認して使用しています。

特殊ウレタン樹脂「テラテック」は、フロンガスを発生しません。

特殊ウレタン樹脂「テラテック」は、土壌環境を汚染しません。

特殊ウレタン樹脂「テラテック」は、安定した品質で製造されています。

メインマークでは常に環境への配慮を忘れず、お客様に安心していただけるように努めています。

環境汚染物質試験結果

【目的】特殊ウレタン樹脂「テラテック」の環境汚染への影響確認

特殊ウレタン樹脂「テラテック」は注入時に原料が土壌に直接噴出されます。それにより樹脂原液が土壌にしみこんだ場合の環境における影響を調べました。その結果、土壌汚染対策法で指定されているすべての項目において試験で正確に定量できる最下濃度を下回っている(定量下限値未満である)ことが証明されました。

試験方法
JIS規格:JIS A 1216
使用樹脂:標準沈下修正型テラテック樹脂 0509
試験機関:財団法人 化学物質評価研究機構 名古屋事業所

試験結果

溶出量基準 定量下限値未満
トリクロロエチレン 定量下限値未満
1.1.1-トリクロロエタン 定量下限値未満
ジクロロメタン 定量下限値未満
1.1.2-トリクロロエタン 定量下限値未満
シス-1.2-ジクロロエチレン 定量下限値未満
1.3-ジクロロプロペン 定量下限値未満
ISO認定工場による樹脂の製造

国際標準化機構(ISO)が定めた品質管理の世界基準である【ISO9001】の認証を受けた工場で、
高品質な特殊ウレタン樹脂「テラテック」を安全に製造して、常に安定した品質の樹脂で工事を行います。

ウレタン樹脂注入工法の歴史

ウレタン樹脂注入工法は1970年代にフィンランドのハッキネン博士によって開発された ウレタン樹脂形成時の膨張力を利用し、沈下した構造物を水平に戻す工法です。

フィンランドで生まれた「ウレタン樹脂注入工法」はヨーロッパ、北米大陸、オセアニア大陸と世界中に広がり、 2001年にメインマークジャパン株式会社(2007年「ウレテックジャパン株式会社」に、2015年「メインマーク株式会社」に社名変更)が日本に輸入しました。

以来、24時間365日、北海道から沖縄まで日本全国で工事を行っています。

認証・特許

ウレタン樹脂注入による「沈下床の修正工法」は当社の特許工法です

国際・国内特許

特許第3916091号(国際公開番号:W01998/024982)
「建築物の基礎土壌の支持力を増大させるための方法」

特許第4071716号(国際公開番号:W02003/046296)
「500KPAを超す圧力で土壌を強化する、また構造物を持ち上げる方法」

特許第4896949号
「沈下床の修正工法」

特許第5379877号
「木造住宅の耐震補強構造と耐震補強方法」

NETISプラス
新技術情報データベース技術情報誌に掲載

登録番号 AC-150021-P

コンクリート道路や橋の踏掛版下の空洞充填工事等に採用されています。

メインマーク公共施工実績はこちら

お客様の声

 

メインマークの「テラテック工法」は、コンクリート土間床の下に発生した空洞による床の“傾斜”“たわみ”“段差”を、業務を停止せずに短期間で修正します。空洞に特殊な「テラテック樹脂」を注入。その膨張力で床を壊すことなく水平に戻します。
沈下修正・地耐力強化・軟弱地盤対策ならメインマークまでお気軽にお問合せください。