沈下修正・空洞充填のテラテック

土間コンクリート床のお悩みを解決

お電話でのご相談

0120-873-835
営業時間:9:00〜18:00 土・日・祝を除く

webからのご相談窓口

空洞充填

  • 土間コンクリート床下の空洞充填

    工場や倉庫の床下に空洞が発生すると…設置している機械の振動がひどくなる、フォーク(リーチ)リフトが通るたびに床ががたつく、など作業効率が悪くなります。また、最悪の場合、床が陥没するかもしれません。そんな危険な空洞を、業務を止めずにしっかり充填します。

  • 土間コンクリート床下の空洞発生の原因

    床下の空洞は地盤沈下が原因で起こります。地盤沈下が発生する原因は、

    • 地盤の弱い地域である
    • 盛土部分が圧縮沈下した
    • 配管からの排水もれ
    • 車の通行で振動を受け地盤が締め固められた
    ・・・・・・・など、様々な原因が考えられます。
  • 土間コンクリート床下の空洞が原因で起こる問題

    工場や倉庫などで床下に空洞が発生した場合

    • 床にクラック(亀裂)が入る
    • フォーク(リーチ)リフトの走行時に振動がひどくはねる
    • 機械が振動し、騒音が発生している
    • 機械のレベルを調整する回数が増えてきた
    • 物を作る機械で品物の完成度が落ちてきた

    あなたのお悩み、床下の空洞が原因かもしれません。

  • テラテックによる空洞充填のメリット

    テラテック樹脂は、他の充填工事で使用するセメント系充填材より軽く、硬化が早いことが特徴です。樹脂の膨張により空洞をつめていくので充填率が高く、小さな隙間もつめることができます。プラント車輛(3t車)1台による施工のためコンパクトであり、機動性が高いです。

    空洞充填の工法比較表

    テラテック エアーミルク モルタル
    材料の重さ・密度 41㎏/m3

    軽い材料で地盤の負担少ない

    500~1,300㎏/m3

    撹拌の精度により、密度は高くなる

    2,200㎏/m3

    重い材料で地盤の負担大きい

    硬化する時間 3分

    硬化が早いため地盤への浸透はない養生時間:30分

    数日

    硬化まで数日かかるので地盤への浸透により充填率が低下する。

    数日

    硬化まで数日かかるので地盤への浸透により充填率が低下する。

    充填方法と漏出

    樹脂の膨張で充填硬化時間(3分)までの範囲での流出

    自然流入で充填予定外流出あり

    自然流入で充填予定外流出あり

    注入孔径と鉄筋の切断 16mm

    鉄筋切断能力がないハンマードリルを使用よって鉄筋探査が不要

    66mm

    鉄筋切断の可能性ありよって鉄筋探査が必要

    100mm

    鉄筋切断の可能性ありよって鉄筋探査が必要

    プラントヤード規模 小規模

    3tプラント車1台

    50m2程度

    材料置き場・車載プラント

    中規模

    ポンプ車・生コン車など3台

    施工日数※20m3・100m2の場合 1日

    削孔+充填+復旧

    3日以上

    設置+削孔+充填+予備充填+復旧

    3日

    削孔+注入+予備充填+復旧

  • テラテックで床下の空洞を埋めて陥没を防止

    • ①事前の調査で空洞状況を確認。1円玉より小さい注入孔(直径16mm)をあけ、テラテック樹脂を注入

    • ②膨張した樹脂が空洞を充填し、緩んだ地盤を押し固める

    • ③床の隆起挙動を監視しながら充填。床面の動き出し(隆起)を確認し充填を終了

  • 日本全国こんなところで施工しています

    • 金属加工工場
    • 物流倉庫
    • 食品工場
    • スーパーマーケット
    • 車部品製造工場
    • 精密機械工場

    テラテックによる沈下修正の施工実績はこちらから