沈下修正・空洞充填のテラテック

土間コンクリート床のお悩みを解決

お電話でのご相談

0120-873-835
営業時間:9:00〜18:00 土・日・祝を除く

webからのご相談窓口

テラフィル

  • 「テラフィル」とは、「セメントミルク」と「フォーム」を混合して製造・施工する、メインマーク独自の低密度充填工法です。
    低含水のセメントミルクを使用することで、脱水・乾燥後の含水や密度変化の小さい、安定した施工を行うことができます。また、従来の大規模充填と比較し、コンパクトなプラントでの施工が可能です。
    テラテック工法と工法の組合せを行うことで、コンクリート土間床のタワミ・段差などの修正を行うことができます。

  • テラフィルの特長

    1 高い安定性、2 コンパクト施工、3 強度・密度の設定が可能、4 環境への配慮、5 工法の併用で沈下修正対応

    テラフィルの適応範囲

    • 建築物床下などの空洞の充填
    • 使用済み地下燃料タンクやピットの充填
    • 廃止管、廃止坑、防空壕の充填
    • 擁壁、翼壁、トンネルなどの裏込め
    • 土圧低減・荷重軽減箇所への充填
    • 転圧が困難な箇所の盛土
    • 軟弱地盤地域での沈下低減としての盛土
  • 高い安定性

    従来製品のエアミルクは、主に水セメント比67〜75%のセメントミルクを使用し製造していたため、打設後の脱水・乾燥により含水や密度は大きく変化していました。
    テラフィルは、安定したフォーム(泡)を生成することで、低含水のセメントミルクの使用を可能とし、打設時と硬化後の含水や密度変化の小さい、軽量で安定した製品を製造・充填することができます。

    乾燥による脱水量の比較

    プレフォーム方式による安定製造

    工場で所定の配合設計に基づき混錬したセメントミルクをトラックミキサで運搬。
    現場にて泡製造機を使用しフォームを生成します。ミックスモジュールを用いて打設直前に混合することで、現地にて手練りで生成する施工と比較し良質で安定した低密度充填を行うことができます。

  • 中規模充填プラントによるコンパクトな充填工事

    テラフィルは、セメントミルクをトラックミキサで運搬します。
    サイロを設置しないため、品質管理場、排水タンク等を含め、プラントヤードは120m2と非常にコンパクト。
    プラントの設置・撤去は各1日で行うことができるため、短期間での施工が可能となります。
    1日の標準施工量は50~60m3

  • 強度・密度の設定が可能

    地盤沈下により空洞が発生したところでは、充填材の荷重が加わると再沈下または沈下を促進する可能性が高まるため、空洞を充填する充填材としては、できる限り軽いものが求められます。テラフィルの重量は盛土材の1/3~1/4、強さは盛土材の20倍以上であり、地盤沈下により空洞が発生したところに適した充填材です。
    充填の目的に合わせ、密度400kg/m3~800kg/m3、圧縮強さ0.5N/mm2~4.0N/mm2の範囲で設定が可能です。

    強度特性

    28日密度(g/cm3) 28日圧縮強さ(N/mm2)
    0.40 0.5
    0.45 0.7
    0.50 1.0
    0.55 1.3
    0.60 1.7
    0.65 2.1
    0.70 2.5
    0.75 3.0
    0.80 3.5
    材齢28日密度と圧縮強さの関係
  • 環境への配慮

    当社は常に環境への配慮を忘れず、お客様が安心してテラフィルをご採用いただけるよう、専門機関に依頼し、環境基準への適応を確認しております。

    • 土壌汚染対策法(溶出試験結果)

      全27項目において「基準値」未満であることを確認しています。

    • 試験機関/ 一般財団法人 佐賀県環境科学検査協会
    • 検査材料/ テラフィル材(高炉セメントB種)
    • 証明書発行日/ 2018年7月11日

    施工事例

    茨城県 物流倉庫

    施工内容 土間床下の空洞充填工事
    施工面積 250m2
    平均空洞量 300mm
    全充填量 75m3
    施工日数 5日 プラント設置・撤去含む

    様々な沈下の問題に対応できる『ハイブリット工法』

    沈下による問題は空洞だけにとどまりません。空洞に加え、コンクリート土間床にたわみや段差が発生している場合でも、当社取り扱いの『テラテック工法』と工法の組合せを行うことで、コンクリート土間床のタワミ・段差などの修正を行うことができます。

    大きな空洞の沈下修正は、はじめに「テラフィル」で床下に広がった空洞のほとんどの部分を充填します。テラフィルが硬化するのを待ち、10日以降に「テラテック」でコンクリート土間床のたわみや段差の修正を行います。