沈下修正・空洞充填のテラテック

土間コンクリート床のお悩みを解決

お電話でのご相談

0120-873-835
営業時間:9:00〜18:00
土・日・祝を除く

webからのご相談窓口

施工手順

テラテックによる、土間コンクリート床の「沈下修正工事」の施工手順です。

  • ①プラント車両の搬入・配置

    • 所定の場所にプラント車両を配置。機器を準備。
    • カラーコーンなどによりプラント場所の作業区画を明示。
  • ②準備作業

    • 測量基準点の確認と設定。工事前の床高さを測定。
    • 必要な場所を養生。資材や機材を搬入。
    • 樹脂を注入する場所決め、マーキング。
  • ③樹脂注入孔削孔作業

    • φ16mmのハンマドリルを使用して1.5m間隔で削孔。
    • 障害物がある場合は位置を変更。
  • ④沈下修正

    • 注入ホースを設置。テラテック樹脂を注入。
    • 測量機器で床高さを確認しながら注入。
  • ⑤床高さ管理

    • 床高さを測量。修正計画値との整合性を確認
    • 発注者様による施工後床高さ確認
  • ⑥樹脂注入孔閉塞作業

    • 樹脂が漏れているところは切削、除去。
    • 注入孔に詰まっている樹脂を20mm以上除去。
    • 注入孔をモルタルで孔埋。
  • ⑦清掃・撤去工・プラント車両搬出

    • 資材や機材を搬出。注入ホースを撤去。
    • 現場や搬入路など関係箇所の清掃。養生を撤去。
    • 作業区画を撤去し、プラント車両搬出。
  • 工事完了