沈下修正・空洞充填のテラテック

土間コンクリート床のお悩みを解決

お電話でのご相談

0120-873-835
営業時間:9:00〜18:00
土・日・祝を除く

webからのご相談窓口

ウレテックからテラテックへ

私たちは2017年4月に、「ウレテック」から「テラテック」に工法や樹脂の名称を変更しました。

ウレタン樹脂を形成する際の発泡・膨張力を利用して、沈下したコンクリート土間床を水平に修正する工法は、1970年代にフィンランドのハッキネン博士によって考案され、「ウレテック」の名のもとに世界中に広がりました。

日本では2001年7月に、メインマークジャパン株式会社(2007年からウレテックジャパン。2015年からメインマーク)がウレテック樹脂による沈下修正のライセンサーである「ウレテック・ワールドワイド(フィンランド)」とのライセンス契約に基づいて「ウレテック工法」の施工を開始しました。

2001年の施工開始から「ウレテック」というこの世界共通の樹脂を使用して施工を行ってきましたが、日本国内の沈下修正や空洞充填に適した強度や特性を持った独自のウレタン樹脂を開発しました。

名称を「ウレテック」から「テラテック」に変更し、「テラテック樹脂」を使用してこの工法を引き継ぎます。

「テラ」はラテン語で地球を表す言葉で、それにテクノロジーを表す「テック」を合成した造語です。

なお、私たちメインマークグループはオーストラリア、ニュージーランド、イギリス、タイ、マレーシア、パプアニューギニア、日本に拠点を構えるワールドワイドなエンジニアリング企業として、これからもグローバル展開していきます。