沈下修正・空洞充填のテラテック

土間コンクリート床のお悩みを解決

お電話でのご相談

0120-873-835
営業時間:9:00〜18:00 土・日・祝を除く

webからのご相談窓口

空港の解決事例

テラテックは、空港のエプロン(駐機場)や格納庫の土間コンクリート床、誘導路のコンクリート舗装道路などで起こった「段差」を、短時間で業務を止めることなく修正します。空港のコンクリート版の段差やガタツキはテラテックにおまかせください。

  • テラテック工法注入概要図

    舗装・空港エプロン・格納庫・駐車場など独立したコンクリート版の段差やバタつきを修正する工法

    トラックなどが通過するたびに中の水は逃げ場を求めて空洞を少しずつ大きくしてゆきます。早急にこの空洞を充填し、水の浸入を防ぐことが求められます。

  • 悩み解消事例

    空港エプロン(駐機場)がバタつき、空洞もできている

    • 空港管理 県土木部職員

      空港のエプロンで沈下やタワミが発生し、水勾配に変化が…一部に水たまりができるようになってしまい危険なので修正方法を探していました。ウレタン注入工法を選択したのは短時間に、ミリ単位で計測しながら修復できること。空洞も同時に埋まって安全運行の面から考えても良かったです。