沈下修正・空洞充填のテラテック

土間コンクリート床のお悩みを解決

お電話でのご相談

0120-873-835
営業時間:9:00〜18:00
土・日・祝を除く

webからのご相談窓口

床下の空洞の解決事例

コンクリート土間床下に「空洞」はありませんか? 床下に「空洞」があると機械が振動したり、最悪の場合床が陥没する恐れがあります。あってはいけない「空洞」を、床を壊さず、業務を止めずに、速やかに充填するのが、テラテックです。

  • こんな危険な状況ありませんか?

    • フォークリフト(リーチリフト)走行時の振動がひどい
    • 機械の運転音が大きくなった
    • 機械の振動、揺れが大きくなった
    • 機械の振動で製品に不具合や完成度が落ちた
    • 床から水が染み出している
    • 最近、害虫やネズミをよく見かける
    • 人や台車が通るたび床の一部がたわむ
    • 床にクラック(亀裂)が入る
    • 振動する機械の横にいると揺れが大きい
    • 機械のレベルを調整する回数が増えてきた
  • 動画で見るテラテック~床下の空洞を埋める編~

  • こんなお悩みを解決しています

    • 「加工ラインの床下に空間(空洞)が発生 (地盤が脆弱な地域)」

      自動車部品メーカー生産技術部

      工場設備の定期点検の際に床下に空洞が発見されたので、以前セメントミルクを注入しましたが、注入した層の下に空間が発生している状況でした。加工ラインの生産が厳しく、なるべくラインを止めないで修復できる方法を探していたところ、メインマークを見つけ相談し、工事を依頼することにしました。 床を壊さないで床下の空洞を埋めることができるのは「すごい」の一言。 対応も素早くて助かりました。

    • 「テナント内で床下に空洞が・・・工事による休業はできない」

      ビル管理会社代表取締役

      3階建てのRC自社ビルで、現状傾きはありませんが、設備点検で穴を掘ったら30cmくらいの空洞が見つかりました。1Fのテナントは飲食店でしたが工事の為に休業することもできず、対策を検討していました。メインマークに相談したところ、夜間工事も対応可能で、しかも2日間で工事完了できるとのことでしたのでお願いすることに。机や椅子の移動も必要なく短時間での工事に感心しました。

    • 「お客様にご迷惑をかけず本当に良かった」

      コンビニエンスストア店舗設計部

      定期検査で店舗の土間下に空洞があることが分かり工事をお願いしました。お客様の少ない時間帯に工事をしてもらいましたが、工事用のトラックも機材も想像していたより小さいことに驚きました。営業を止めることなく工事できるのは本当に助かります。

    • 「施設内の広範囲に空洞がある状況でした」

      建設会社工事部

      ここは何回か空洞を埋める工事をしていたのですが今回は、メインマークの工法が効果的ではないかと思い、相談しました。大きな施設なのでエリアを区切りながら3期に分けて工事を行いました。従来の工法だと、家具や什器など移動しなければならず、施設入居者様や従業員様にご不便をおかけしていたのですがこの工法はいつも通りの生活をしていながら工事が進むので助かりました。今後また空洞が発生しても再度工事が行えることも良いですね。