沈下修正・空洞充填のテラテック

土間コンクリート床のお悩みを解決

お電話でのご相談

0120-873-835
営業時間:9:00〜18:00 土・日・祝を除く

webからのご相談窓口

体育館の解決事例

日常的に運動が行われる場所である体育館の床が沈下したり、たわんでいると転倒事故につながる原因となり大変危険です。メインマークは、床を壊さず、いつもの授業を止めることなく、沈下したり、傾いたり、段差のある床を修正することができます。床が目視で分かるほど沈んでいるといった問題が発生したときは、まず、ご相談ください。夏休みや春休みなどの期間中に集中して工事するということも可能です。

  • ケーススタディ1 体育館

    小学校 屋内運動場床改修工事
    夏休みの間に大規模な沈下修正工事を施工

    三重県伊勢市内の公立小学校より、体育館の床が沈んでいるとご相談いただきました。テラテック工法を採用いただいた理由は、工期が短く低コストであることと、床を壊さないため廃棄物が少ないということからでした。

    • 物件概要

      施工年月 2014年7月
      施工場所 三重県
      工事面積 480㎡
      最大修正量 65mm
    • 現場の状況

      山形県内の中学校より教室の床がたわんで、机がガタガタすると相談の連絡を頂きました。調査によると長年の地盤沈下により、6か所の教室などで床下に空洞が確認されました。一般的には、上記症状の対処方法は土間の打ち直しもしくは上塗りを行いレベル調整のどちらかであると思われますが、その際引っ越しから解体工事、コンクリート打設後の養生期間まで考えますと、1か月以上の工期がかかり、夏季休暇内での施工は難しいとの判断からテラテック工法を採用いただきました。

    • 修正の状況

      1. 今回は2台のトラックで施工します
      2. 施工の前に

      より安全に施工するために毎朝のKY(危険予知)活動は欠かせません。「今日も一日ご安全に」

      3. 体育館内では床の水平レベルを緻密に計測し、管理をしています。一方、床下では・・・
      4. 点検口から床下へ潜り、削孔、樹脂の注入作業を行います。床下の束石は900mmあるので住宅と比較すると広い空間のようですが、床下を這いつくばりながら移動し注入していきます。

      長年の傾きでフローリング(木材)にクセがついている部分がありましたが、慎重にレベル確認をしながら床を持ち上げていき、無事に体育館全体を水平に修正することができました。これで子供たちが思い切り走りまわっても変につまづくようなことはなくなります。