沈下修正・空洞充填のテラテック

土間コンクリート床のお悩みを解決

お電話でのご相談

0120-873-835
営業時間:9:00〜18:00 土・日・祝を除く

webからのご相談窓口

床の傾き・沈みの解決事例

土間コンクリート床が傾いたり、沈んだりすると以下のような危険な状況が発生します。床を打ち替える前に、床を上塗りする前に、まずテラテックにご相談ください。

  • こんな危険な状況ありませんか?

    工場・倉庫では

    • 商品棚が傾き高い場所の荷物がくずれそう
    • フォークリフトの走行に支障がでる
    • 安全装置が働き自動搬送機が頻繁に止まる
    • 商品のダンボールにシワがより返品になる
    • 機械の水平が取れない
    • 台車が勝手に動き出す
    • 製品に不具合が出る

    店舗では

    • お客様のカートが勝手に動き出す
    • カートが商品棚によくぶつかる
    • 従業員がつまずいてケガをした

    学校では

    • 教室の机やイスがガタガタ音をたてる
    • 教室のドアの開閉に支障が出ている
    • 廊下に段差ができ生徒が転んでしまった
    • 教室の床版下に空洞が見つかった
    • 教室のドアの開閉に支障が出ている

    病院・福祉施設では

    • ストレッチャーや点滴スタンドが動く
    • 車椅子が一方向に流れて押しにくい
    • 凹みなどで患者や入居者がよくつまずく
  • 動画で見るテラテック~床の傾き・沈み解決編~

  • こんなお悩みを解決しています

    • 「1階倉庫のパレットがくずれそうに・・・」

      機械製造工場工場長

      フォークリフトの走行や、製品の重みで土間床の所々が沈み、パレット積みされた製品がくずれそうになっていました。出来れば倉庫の物をすべて移動せずに修正が出来ればと方法を探していたところ、メインマークさんを知りました。夜間工事だったので通常業務も止めず、しかも倉庫の荷物や什器を移動する手間もかからず本当に助かりました。

    • 「カートが勝手に動いたり、棚の補強が外れたり危険な状況」

      ホームセンター開発部課長

      もともと地盤が弱い地域に建てた店舗で、土間床の沈下によって不具合が発生していました。店頭スタッフからも早急な対応を要望されていました。メインマークに相談したところすぐに調査をしてくれ、最大で35cm沈下していました。夜間工事で毎日少しずつ修正してもらったのでお客様にも気づかれることなく工事を完了しました。それにしても床を壊さないで修正したのには驚きです。

    • 「移動式ラックのレールが曲がり脱輪をしてしまう」

      医療機器製造メーカーエンジニアリング担当

      倉庫内で移動式ラック(レールタイプ)を使用しています。土間の沈下により、レールが曲がってしまい脱輪をしてしまう状況でした。土間の沈下は地震の影響だったので現状で沈下が止まっているのかどうかも相談しました。工事中は、粉塵や騒音もなくクリーンな現場でした。食品工場でも工事できるというのは納得ですね。

    • 「診察を休まずに工事できる方法を探していました」

      病院院長

      MRIを導入するため床の補強が必要になり、建設会社に相談して調査したところ床下の空洞と、50mmほど沈下していることも解りました。大がかりな工事にならず休診日の日曜日に施工してもらうことで病院を休業せず患者さんに迷惑をかけないで床の修正が終わったので助かりました。