沈下修正・空洞充填のテラテック

土間コンクリート床のお悩みを解決

お電話でのご相談

0120-873-835
営業時間:9:00〜18:00
土・日・祝を除く

webからのご相談窓口

機械の振動の解決事例

工場や倉庫、医療機関などで「工作機械や医療機器が振動」していませんか?その振動は、床下の空洞が原因かもしれません。「機械の振動」は精度が狂う原因になり、製品不良などいろいろな弊害をもたらします。テラテックは床を壊さず、業務を止めずに、速やかに抑制します。

  • こんな危険な状況ありませんか?

    • 機械の運転音が大きくなった。
    • 機械の振動で製品に不具合が出ている。
    • 機械のレベル調整を繰り返しおこなっている
    • フォークリフトが通るたびに機械が揺れる。
    • 振動でレーザー加工機や検査機器などの精度がよく狂う。
  • 動画で見るテラテック~機械の振動お悩み解決編~

  • こんなお悩みを解決しています

    • 「機械の振動に困っている。でも機械の移動はできない・・・」

      金属加工業設備管理部長

      工作機械での重切削や、ハンマーで叩きつけるような動作を行ったとき、足元にかなりの振動が伝わる状況でした。重切削の場合は隣の機械にも影響が出ていました。直すにも、金型加工用の工作機械が、ぎっしりと詰まっており移動は困難な状況。知り合いからの紹介でメインマークに相談。機械の振動の原因が床下の空洞だったとは・・・。あの重い機械はそのままで床下の空洞を埋め、作業も短時間で仕事もきれいに。いいことずくめですね。

    • 「機械の振動で床が沈んでしまうとは・・・」

      機械製造会社専務

      お取引先の工場で、レイアウト変更のために機械を移設したところ、一部範囲にスラブの沈下がありました。原因は、以前に設置してあった機械(重量20t)によるものと判断。この場所がレイアウト変更により通路となったため、床レベルの補修が必要となりました。修繕にかけられる日数が限られていたため他工事の工程に合わせて日程を組んでもらいましたが、メインマークの工事は機材が小型なので他工事と並行した作業もスムーズにこなしていただき、本当に感心しました。