日経コンストラクション「プロが認める震災復旧技術」 沈下修正・地盤沈下・軟弱地盤ならテラテック

沈下修正・空洞充填のテラテック

当社の工法が「特別リポート プロが認める震災復旧技術」で第2位を獲得!

【日経コンストラクション 2012年10月22日号に掲載】

「プロが認める震災復旧技術」は、日経コンストラクション誌が国土交通省の新技術情報提供システム(NETIS)の震災復旧・復興支援サイトに登録されている技術の中から50の技術を選び、それについて3人の専門家が評価したものです。

その中で、当社のウレタン樹脂を注入して沈下した床を修正する「ウレテック工法(現テラテック工法)(特許工法)」が、堂々の2位に評価されました。

ウレテック工法(現テラテック工法)は“震災復興”という公共性の高い社会的に重要な業務の中でも「効果があり」、「利用しやすく」、「独創的」な技術であるとプロの方々に評価されたことになります。

メインマークの「テラテック工法」は、コンクリート土間床の下に発生した空洞による床の“傾斜”“たわみ”“段差”を、業務を停止せずに短期間で修正します。空洞に特殊な「テラテック樹脂」を注入。その膨張力で床を壊すことなく水平に戻します。
沈下修正・地耐力強化・軟弱地盤対策ならメインマークまでお気軽にお問合せください。