沈下修正・空洞充填のテラテック

土間コンクリート床のお悩みを解決

お電話でのご相談

0120-873-835
営業時間:9:00〜18:00 土・日・祝を除く

webからのご相談窓口

資料ダウンロード

久和倉庫株式会社様/倉庫 土間床たわみ沈下修正工事

従来工法と比較して、
納期、コスト、精度を含めたパフォーマンスの全てが
優れていると感じました。

2019年9月、久和倉庫株式会社様の敷地の一角、約990㎡の倉庫の土間床沈下修正工事をテラテック工法で行いました。今回、久和倉庫の江面 眞 取締役社長と本件をご紹介いただいた栃木小松フォークリフト株式会社 橋本 仁 代表取締役社長にお話を伺いました。

  • 久和倉庫様 沈下修正工事01

    久和倉庫様と栃木小松フォークリフト様のご関係性について

    江面社長(久和倉庫) 私ども久和倉庫は、今年で創業50周年になります。倉庫業を経営するにあたり、たち上げ当初から栃木小松フォークリフトさんには、おつきあいいただいていたと聞いております。長きにわたりビジネスを続けていくと、いい時悪い時と波があり、そうした波をともに乗り越えてきたと思っております。
    橋本社長(栃木小松FL) そうですね。当社も同様にちょうど50周年を迎えます。半世紀もの間、栃木を中心として物流の発展を支えあってきた関係性といえます。久和さんは、やはり業界の先駆者です。私共にとっては、単なる機材の納品先ではなく、物流倉庫にまつわる様々なノウハウを教えていただきました。
  • 地中に埋蔵文化財。掘り返し、転圧をして建てた倉庫

    久和倉庫様 沈下修正工事02
    川口 今回工事のご依頼は、どのようなことがきっかけだったのでしょうか。
    江面社長 実は、今回工事をお願いした棟を建設した土地には、地中に埋蔵文化財、いわゆる遺跡が埋まっていたんです。当時、調査をするために地中を深く掘り返し、見つかった遺跡を発掘しました。その後、転圧をして現在の施設を建てたのです。
    その時の転圧が甘かったのか、徐々に地盤が下がり、土間床に影響が及び、目視で分かるほど沈みが発生していました。
    川口 そういう沈下の原因があるんですね。私どもの会社も20年の歴史の中で、初めて聞きました。いつ頃からどの程度の沈下だったのでしょうか。
    江面社長 平成2年ごろにあの棟を新築し、新築した当初からですので20数年悩んでいました。地中梁は下がらないのですが、梁と梁の間が一番大きなところで10センチ近くたわんでいました。そうすると、リフトは通常のスピードでは走れません。二段三段に高積みしたラックの荷物は大きく傾いていきます。作業効率、スペース効率としても良くないですし、何よりとても危険です。今回テナントさんが入れ替わることとなり、新しい企業様の重量物を預かることが決まったため、久和ブランドと信頼を守るためにも直すことにしました。
    橋本社長 当社は単なるリフトの販売会社ではなく、お客様の本来のニーズに応えるという方針があります。よりお客様の事業の生産性があがるように、最大限当社の製品の機能が活かされるためのご提案しています。もし、効率を疎外しているものが床の沈下であれば、床を直すことをご提案しています。今回まさしく久和さんから、当社の営業が現場の課題を耳にし、それなら「テラテック工法」はいかがでしょうか、という話の流れとなりました。
  • 沈下修正工法の比較をした結果「テラテック工法」に

    江面社長 もちろん、テラテック工法だけではなく、他の工法との比較もしました。もう一度、転圧して土間を打ちなおすことも考えました。ただ、やはりそうなると工事期間が長い。費用が高い。お客様の入れ替え期間、一か月間での現状復帰が条件で、実際のところ10月中にどうにか工事を終わらせなければならなかった。それで探して探して、探した結果、1000㎡の工事を3日間で終わらせられるのはテラテック工法だけだったのです。
    橋本社長 うちの増山が嗅覚で「これがいいぞ」と嗅ぎ取ってきたんですよね(笑)
    江面社長 検討の段階で、「本当にあがるの」「簡単にあがるなら簡単に沈むんじゃないの」と声があがったのは本当のことです。他の工事会社からも話を聞きましたし、付き合いがある同業者に聞いても知らない工法だということでした。ただ、やはりメインマークさんの工事実績の豊富さ、創業20年を迎えることを伺うと、大丈夫だから続いているんだろうと決断に至りました。工法として問題がないのであれば、納期、コスト、精度を含めたパフォーマンス全てが従来の工法と比較しても優れているなと感じました。
    川口 久和倉庫様 沈下修正工事03ありがとうございます。不思議なものでして、20年前にこの会社をはじめた時からずっと同じことを言われています。20年前は私も営業をしており、現場の方からは「こんなんであがるわけないだろう」と日々言われておりました。でも、幸いにして20年間やってこれています。こうした声がある中で、この度は、公開施工にもご協力いただいて、多くの人に実際に床があがっていく様子を見ていただけたということは、私たちにとって非常に有難く光栄なことでございます。
  • 仕上がりを見て、隣の棟も沈下修正工事をすることに

    江面社長 今回特に関心したのは、派遣していただいたチームが非常に優秀な方たちだったことです。これはお世辞じゃないですよ。きびきび動いて、私が工事の内容を質問すると、作業途中でも嫌がらずに何でも丁寧に教えてくれました。ああ、いいチームをいれてくれたなあと大変嬉しかったです。そして、非常に樹脂の膨張力にパワーがあることを実感しました。一部、リフコンをおいてあった場所も難なく持ち上げていました。
    武渕 久和倉庫様 沈下修正工事04沈下の主な原因は、地盤沈下と、保管商品等の積載荷重によるものと推測されました。 経過測量の結果、沈下が収束傾向にあったためテラテック工法が効果があると判断できました。工事自体はスムーズに行われ、床のあがりも良かったです。仕上がり自体にはご満足いただけましたでしょうか。
    江面社長 もちろんです。今回の仕上がりを拝見して、その隣の棟の床の修正もお願いすることにしました。10月ごろの工事希望をだしています。そこもやっぱり土器がでてきた場所なんですよね。さらにいうと、今すぐにではないですが、もう一棟、見積りを出してもらおうと考えているところがあります。そこは、横づけするトラックの荷台の高さに床の高さを合わせているいわゆる高床ホームです。盛土をしているため、やっぱり下がってきています。
    武渕 ありがとうございます。引き続き、頑張らせていただきます。
    江面社長 やはりどこの業界でも人手不足の中で、物流・倉庫業もご多分にもれず、マンパワーの効率性は非常に重要です。業界では商品が無傷でも、段ボールが変形変色したら商品にはならないですね。それが分かっているから、床が傾き、ラックの上部が傾いているところでは、段ボール同士が触れないように陳列、ピッキングをするように気を使っています。それが作業効率を低下させる。やはり今回、工事をして非常に良かったと実感しています。
    橋本社長 今回、久和さんのお役にたてたことは、私どもにとっても非常に光栄、かつ新しい取り組みとなりました。本件を、私どもの他のお客様へも広く波及させて、より一層、物流・倉庫業界の発展に尽力していけたらと考えております。
    川口武渕 今回は貴重なご意見をお聞かせいただき、本当にありがとうございました。
    久和倉庫様 沈下修正工事05
施工要領
工場所在地 栃木県宇都宮市下桑島町
施工面積 996㎡
最大修正量 91mm
施工期間 2019年9月24・25日の2日間
久和倉庫様 沈下修正工事06
久和倉庫株式会社 代表取締役
江面 眞氏

昭和18年3月28日生
平成24年4月1日入社
平成29年10月1日取締役社長就任

久和倉庫株式会社

栃木県宇都宮市下桑島町1200-20
TEL:028-656-9090 FAX:028-656-9009

栃木小松フォークリフト株式会社
橋本 仁氏

昭和22年9月21日生
昭和45年藤井産業株式会社入社
主に営業職に従事し、
昭和48年コマツ栃木株式会社に転籍
平成17年栃木小松フォークリフト株式会社に転籍
平成18年5月専務取締役就任
平成22年4月代表取締役社長就任
現在に至る