沈下修正・空洞充填のテラテック

コンクリート土間床のお悩みを解決

お電話でのご相談

0120-873-835
営業時間:9:00〜18:00
土・日・祝を除く

webからのご相談窓口

用語集 さ行

  • スラブコンクリート(スラブ構造)

    柱や梁に支えられ、地盤沈下などの影響は受けずに自立する構造。二階より上は当然スラブ構造であるが、諸条件による地盤沈下のリスクとコストを比較し、一階にも採用されることもある。

  • 地耐力

    地盤がどの程度の荷重に耐えられるか、また、地盤の沈下に対して抵抗力がどのくらいあるかを示す指標。地耐力により建設物の基礎の設計方法が異なってくる。

  • 地盤沈下

    地表面が沈下する現象。地殻運動や堆積物の収縮による自然沈下のほか、地下水の過剰揚水による地層の収縮から起こるものがある。

  • 地盤改良

    現状の地盤に耐力をもたせること。大きくわけ表層改良と深層(柱状)改良があり地盤調査のデータにより工法を分別する。

  • 地震

    地殻変動により振動が発生し四方に伝播され大地が揺れる現象。地震の影響により、地盤沈下や不等沈下(不同沈下)が起こりやすくなる。

  • 充填じゅうてん

    欠けたり空いているところに、ものを詰めてふさぐことの意。当社ではウレタン樹脂を空洞に注入し隙間を塞ぐことをいいます。

  • 残留沈下量

    即時沈下+圧密沈下量の合計したもののことを表す。構造物を建設するときには必ず起こるものだが残留沈下量を計算し将来において不等沈下などを起こさないように対策を講じている。

  • 振動抑制杭

    比較的ゆるい地盤の支持力を高めるための杭打ち工法でありN値50以上の強固な支持層にまで達する。

一覧へ戻る