沈下修正・空洞充填のテラテック

土間コンクリート床のお悩みを解決

お電話でのご相談

0120-873-835
営業時間:9:00〜18:00 土・日・祝を除く

webからのご相談窓口

施工見学会 in 長岡

見学会日時 2015年10月21日(水)・22日(木)
場所 新潟県長岡市
施工面積 200㎡(事務所部分:119㎡)
物件 工場ならびに事務所
参加者 33名

施主様のご厚意で、新潟県で初めての「施工現場見学会」を長岡市で開催しました。

  • 公開現場の内容

    中古の物件をご購入され、新しく自動車整備工場を開店予定の物件です。久しぶりの施工現場見学会だったので地元の新潟県はもとより群馬県や福島県からもご参加いただきました。

  • お困りごと

    ・新しい事務所を開設するにあたり整備工場部分は床の中心に向かい全体にすり鉢状に沈下していた。最大沈下量は102mm。

    ・事務所部分は同様に部分的に沈下を発生。床と壁、壁と天井に隙間が発生している状況だった。

    施工見学会の流れ

    • ①テラテックの工法説明と会社紹介

      見学いただく現場の説明と工法の説明を行います

    • ②現場見学

      ヘルメット、保護メガネを装着して修正工事をしている現場へご案内。樹脂が膨張するシーンをご覧いただき、水糸などで床が上がっている様子も見学していただきます。

    • ③質疑応答

      現場を見学していただいた後に、疑問やご質問にひとつ一つお答えします。材料のことや工事費用のこと、地域の地盤特性など、どんな細かい質問にも丁寧にお答えします。もちろん個別のご相談も承ります。

  • 工事の状況

    工場部分は開業前だったので、機械などの設備ななかったのでスムーズに作業を行うことができました。

    事務所部分は沈下してできた隙間を補修する工事をしていたため、床を元通りに上げることができないため、お施主様と相談して、普段の使用に問題のないところまで修正し、工事を終了しました。

  • 見学会後の感想

    新潟県内だけでなく、群馬県や福島県からもご来場いただき、床が水平になる現場を実際にご確認いただきました。また、開催期間中に「現場を見に来て欲しい」とのご要望があり、2件ほど調査にお伺いしました。

    アンケートは行いませんでしたが、見学者は異口同音に、現場を実際に見ることができてよかったと話させていました。中には2日間ともご来場いただき、施工前と施工後を確認してくださった方や知り合いに床がゆがんで困っている方がいるからと新しい現場をご紹介してくれた方もいらっしゃいました。ありがとうございました。