沈下修正・空洞充填のテラテック

土間コンクリート床のお悩みを解決

お電話でのご相談

0120-873-835
営業時間:9:00〜18:00 土・日・祝を除く

webからのご相談窓口

資料ダウンロード

冷凍倉庫内自動ラックレール 沈下修正工事

大分県

倉庫

  • 施工面積

    945

  • 最大修正量

    15mm

  • 施工年月

    20147

  • 工事日数

    9日間

【お困りごと】
大分県佐伯市のマイナス28℃の冷凍倉庫で土間床が沈下し、自動ラックが何度も停止してしまうので修正方法を探している、と相談をいただきました。

【メインマークに決めた理由】
・マイナス28℃の環境でも耐えられる素材であること。
・業務を止めずに工事ができること。

【施工後の状況】
作業員は防寒をし、細かく時間を決めて入退室を繰り返し、休憩を挟むことに注意しながら作業を進めました。測量機器が寒さに耐えられず不具合を起こすなど通常では起こらないことがありましたが工夫をしながら無事に工事を完了。当社社員の責任施工で培ってきた経験の証です。工事後は、自動ラックも正常に動き出すことができました。