沈下修正・空洞充填のテラテック

土間コンクリート床のお悩みを解決

お電話でのご相談

0120-873-835
営業時間:9:00〜18:00 土・日・祝を除く

webからのご相談窓口

総合体育館アリーナ 沈下修正・空洞充填工事

熊本県

体育館

  • 施工面積

    1575

  • 最大修正量

    50mm

  • 施工年月

    201810

  • 工事日数

    11日間

【お困りごと】
熊本地震発生後、復旧工事を行っている施主様より、体育館の土間床が下がっている箇所があるため、
土間床下の空洞の調査を行いたいとご連絡いただきました。


【テラテックに決めた理由】
・鋼製床でも施工対応ができること
・沈下の修正に加え、床下の空洞充填も行えるため

【施工後の状況】
床板を外しての施工となり、工事をするための移動が困難でしたが、
大きな問題もなく、広い範囲の施工を延べ11日間で完了しました。