沈下修正・空洞充填のテラテック

土間コンクリート床のお悩みを解決

0120-873-835
0120-873-835

webからのご相談窓口

大型店舗 土間床沈下修正工事

福井県

店舗

  • 施工面積

    4210

  • 最大修正量

    57mm

  • 施工年月

    201910

  • 工事日数

    12日間

  • 注入状況

  • 注入孔復旧作業

  • 孔埋め完了

  • ポンチ復旧

【お困りごと】
福井県にある物販店の土間スラブが沈下し、ショッピングカートが自走、お客様が段差でつまづくとご相談いただきました。
調査の結果、築20年以上の店舗の床は、基準点より-50㎜を超えるところもあり、これら沈下量が大きい所では、土間の耐久性も低下していることが想定されました。

【テラテックに決めた理由】
・次のテナントが入居する前のタイミングで床の修繕工事が終えられること
・他社の改装工事と同時に施工ができるコンパクトな工事であること
・修正対象範囲外の場所と床レベル調整を行い相対的な違和感を残さないこと

【施工後の状況】
お客様が来店される店舗ということもあり、1500箇所以上あった注入孔のほぼ全てで、ポンチ抜きでの削孔と孔埋め後の作業を行い、施工後の注入孔は目立たないように復旧できました。

また、今回の工事対象外のエリアとの床レベル調整を行い、建付けなどへの影響もなく仕上げることができ、お客様からは驚きと感謝の言葉をいただきました。