沈下修正・空洞充填のテラテック

土間コンクリート床のお悩みを解決

0120-873-835
0120-873-835

webからのご相談窓口

食品工場 土間沈下修正工事

滋賀県

工場

  • 施工面積

    93

  • 最大修正量

    23mm

  • 施工年月

    20197

  • 工事日数

    2日間

  • 削孔状況 注入孔は一円玉より小さい16㎜

  • 孔埋状況 詰め材とモルタルにて閉塞

【お困りごと】
経年による地盤沈下で土間床に不陸が生じ、床下には空洞も発生。
工場内には、油が入っているタンクなどが設置されており、床下の空洞を放置することで、
災害発生時に業務停止はもちろん、従業員にも危険が及ぶのではないかと心配されていました。
また不陸により、鉄板を敷いた通路や製造機械の下に水が溜まるなどの問題も起きていました。


【テラテックに決めた理由】
・機械を移動させることなく施工が行えること
・養生期間が短く工場の運営に障害がないこと
・エリアごとに分けて施工を行うことができること
・水を使用せず、床も壊さないため商品や機械を汚さないこと

【施工後の状況】
工場内で施工エリアを区切り、3年前から数回に分けて施工を行いました。
優先度の高い油のタンク下から施工を行い、今回の工事では、鉄板が敷かれた通路部エリアの施工を行いました。
93㎡を2日間の工事で完了し、鉄板下に水が溜まる症状を解消することができました。
施工にご満足いただき、現在は別地域にある工場の沈下修正もご検討頂いています。