沈下修正・空洞充填のテラテック

土間コンクリート床のお悩みを解決

0120-873-835
0120-873-835

webからのご相談窓口

【物流センター】 土間沈下修正工事

北海道

倉庫

  • 施工面積

    1980

  • 最大修正量

    116mm

  • 施工年月

    20203

  • 工事日数

    9日間

  • 施工前 中央に向かってたわみが発生

  • 注入状況

【お困りごと】
物流センターの入口シャッター前に、地盤沈下による大きな”たわみ”が発生。
トレーラー走行時に反動が生じ、トレーラーの種類によっては車の下を擦ってしまうほどの高低差が発生していました。

当初は、シャッター前の小範囲で施工を検討されておりましたが、調査を行った際に全体がすり鉢状に沈下し、保管商品に傾きが発生していることが判明したため、従業員の安全と作業効率向上のため、センター全体での施工をご依頼いただきました。

【テラテックに決めた理由】
・他の現場の施工を見たことがあり、信頼できると判断できたこと
・短工期で施工が行えること
・床を壊さず施工がおこなえること

【施工後の状況】
床のたわみが解消されたことで、車の下を擦るほどであった大型トレーラーは問題なく場内に入場できるようになりました。また、商品の置き場所を選定する必要がなくなり、フォークリフトの走行も安定したことで、作業効率が向上したとお喜び頂きました。