施工事例・傾き・沈下修正工事|沈下修正・地盤沈下・軟弱地盤ならテラテック

施工事例・傾き・沈下修正工事 沈下修正・地盤沈下・軟弱地盤ならテラテック

沈下修正・空洞充填のテラテック

三重県志摩市電器機器製造工場内土間床空洞充填工事

 

<現場の状況>

今回の現場は電器機器の設計・製造を行っている会社様の工場です。

工場内の床下に不均一な空洞があることが調査によって確認されました。

お客様は、機械の振動によって製品の品質に悪影響を及ぼすこと、

また、従業員の作業環境や安全性などの問題を心配されていました。


<工事の状況>

土間床下に不均一な空洞が確認された、1,000㎡が対象エリアです。

200箇所前後の注入孔をあけ、特殊ウレタン樹脂を注入し空洞を埋めていきます。

注入状況を確認するためにレーザーレベルを設置し、

注入孔の傍らに置いた受信機を0レベルに設定して1㎜程度動いたところで注入作業を完了しました。

 

この1mm程度の床の動きを確認する作業で、土間と地盤がしっかりと密着したと判断できる確認作業となります。

施工後は振動も施工前よりは軽減し、安心して製品の製造に集中できる環境になったとのことです。


 

 

 

user4641 

 


 

 

施工 201610

 

施工場所 三重県

 

工事面積 1008

    


 

 

◆お問合せ フリーダイヤル0120873835まで お気軽にお問合せください。

(電器メーカー様工場の基礎下注入)





メインマークの「テラテック工法」は、コンクリート土間床の下に発生した空洞による床の“傾斜”“たわみ”“段差”を、業務を停止せずに短期間で修正します。空洞に特殊な「テラテック樹脂」を注入。その膨張力で床を壊すことなく水平に戻します。
沈下修正・地耐力強化・軟弱地盤対策ならメインマークまでお気軽にお問合せください。