施工事例・傾き・沈下修正工事|沈下修正・地盤沈下・軟弱地盤ならテラテック

施工事例・傾き・沈下修正工事 沈下修正・地盤沈下・軟弱地盤ならテラテック

沈下修正・空洞充填のテラテック

山形県 中学校教室など床たわみ修正工事

山形県内の中学校

教室の床が「地盤沈下が原因で沈んでいる」と、相談の連絡を頂きました。

早速調査に向かい空洞調査・傾きレベル測定をおこないました。

床下には空洞も発生し、沈下量は最大で50mmほど、机や椅子がガタガタしている状況でした。

 

施工は、8月の夏休み期間中に実施しました。

理科室や学習室、教室など6教室の床の沈下修正をおこないました。

%e3%83%97%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%88%e8%bb%8a%e8%a8%ad%e7%bd%ae

%e6%95%99%e5%ae%a4%e6%b3%a8%e5%85%a5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

施工 2016年8月

施工場所 山形県

工事面積㎡ 合計572㎡ 段差修正51mm

 

◆お問合せ フリーダイヤル0120873835まで お気軽にお問合せください。

 

(学校・教室の床下の空洞充填、たわみ修正)




施工見学会レポート

メインマークの「テラテック工法」は、コンクリート土間床の下に発生した空洞による床の“傾斜”“たわみ”“段差”を、業務を停止せずに短期間で修正します。空洞に特殊な「テラテック樹脂」を注入。その膨張力で床を壊すことなく水平に戻します。
沈下修正・地耐力強化・軟弱地盤対策ならメインマークまでお気軽にお問合せください。