施工事例・傾き・沈下修正工事|沈下修正・地盤沈下・軟弱地盤ならテラテック

施工事例・傾き・沈下修正工事 沈下修正・地盤沈下・軟弱地盤ならテラテック

沈下修正・空洞充填のテラテック

施工日別事例: 2006年3月

静岡県 機械振動抑制工事

当工事は、工場内の機械が設置してある床版において、振動を感じる範囲に対し特殊ウレタン樹脂「ウレテック」を注入し、振動を抑制することを目的とした工事です。施工前に行った床下の空隙量調査では、エリアAにおいて最大65㎜の空隙、エリアBにおいては最大60㎜の空隙が確認されました。機械下、機械周りのコンクリート床下に特殊ウレタン樹脂「ウレテック」を注入、樹脂膨張の力で床と地盤の間の空隙を充填して床の振動を軽減する工法を提案しました。 (さらに…)

 

メインマークの「テラテック工法」は、コンクリート土間床の下に発生した空洞による床の“傾斜”“たわみ”“段差”を、業務を停止せずに短期間で修正します。空洞に特殊な「テラテック樹脂」を注入。その膨張力で床を壊すことなく水平に戻します。
沈下修正・地耐力強化・軟弱地盤対策ならメインマークまでお気軽にお問合せください。