施工事例・傾き・沈下修正工事|沈下修正・地盤沈下・軟弱地盤ならテラテック

施工事例・傾き・沈下修正工事 沈下修正・地盤沈下・軟弱地盤ならテラテック

沈下修正・空洞充填のテラテック

施工日別事例: 2013年11月

千葉県市川市 工場内倉庫 土間床の傾き・たわみ修正工事

全景


     工事場所                          千葉県市川市内

     建物用途                          製造工場内の倉庫エリア

     工事面積                   1800m2 4工区

     工事日数                    9日間(土日祝日の実稼働日)

     最大修正量                100

 

  施工前   (左は工事済エリア、右は工事前エリア)                 施工後

施工前

施工後

 

 

 

こちらの現場は、テレビ朝日のサンデースクランブルさんで1013日に放映された場所です。ご覧になられた方も多いと思いますが、高田延彦さん(元格闘家)がレポーターとしていらっしゃり、高田さんをはじめテレビ出演者の方もこの工法に驚かれていました。

 

ウレテック工法を知るまでこの工場では、小規模なエリアを順番に解体してコンクリートを打直していました。その解体工事の粉塵が商品に付着しないように、工事エリアの養生や作業に大変気を使っていたそうで、コンクリートの養生を含めると工期は数ヶ月かかっていたそうです。

 

ウレテック工法では、稼働のない土日に作業を進め、工場の稼働や出荷を止めることなく土間コンクリートを平らに修復しました。

 

今回のウレテック工法の採用は、工場の稼働を止めることなく短期間で修復が可能なことに加え、工事費用はコンクリートを打ち替えるよりも安いということが決め手になったそうです。

   

 

お問い合わせは0120-873-835まで

 

メインマークの「テラテック工法」は、コンクリート土間床の下に発生した空洞による床の“傾斜”“たわみ”“段差”を、業務を停止せずに短期間で修正します。空洞に特殊な「テラテック樹脂」を注入。その膨張力で床を壊すことなく水平に戻します。
沈下修正・地耐力強化・軟弱地盤対策ならメインマークまでお気軽にお問合せください。