施工事例・傾き・沈下修正工事|沈下修正・地盤沈下・軟弱地盤ならテラテック

施工事例・傾き・沈下修正工事 沈下修正・地盤沈下・軟弱地盤ならテラテック

沈下修正・空洞充填のテラテック

施工日別事例: 2015年8月

長野県飯田市 神社拝殿の傾き修正

<現場の状況>

道路から約70mの高所にある由緒ある神社です。

拝殿の傾きがひどく、棒で支えている状況でした。

解体して建て替え無ければならないか・・・失望されていた時期に

当社のことをお聞きになり相談のご連絡をいただきました。

2015年の春から何回か現地に伺い、

現場を確認しながら工法を先方と打ち合わせました。

今回は傾きを直すというより、どうやって拝殿を壊さずに引き上げるかが問題でした。

 

神社写真外観

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<修正の状況>

熟慮の結果、各柱の横にエアハンマーで鋼管を打設してブランケットを出し、

ジャッキを設置してセメントミルクで固める工法を提案しました。

特殊な方法ではありませんが、それを考え、提案したことで工事の実現につながりました。

神社写真ジャッキアップ

 

 

 

 

 

 

 

 

8月末に無地に施工を終了し、発注元である松川入山林愛護会連合様にも

たいへん気に入っていただき、感謝状をいただきました。

賞状

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

施工 20158

施工場所 長野県

◆お問合せ フリーダイヤル0120873835まで お気軽にお問合せください

 

メインマークの「テラテック工法」は、コンクリート土間床の下に発生した空洞による床の“傾斜”“たわみ”“段差”を、業務を停止せずに短期間で修正します。空洞に特殊な「テラテック樹脂」を注入。その膨張力で床を壊すことなく水平に戻します。
沈下修正・地耐力強化・軟弱地盤対策ならメインマークまでお気軽にお問合せください。