施工事例・傾き・沈下修正工事|沈下修正・地盤沈下・軟弱地盤ならテラテック

施工事例・傾き・沈下修正工事 沈下修正・地盤沈下・軟弱地盤ならテラテック

沈下修正・空洞充填のテラテック

施工日別事例: 2015年11月

新潟県長岡市で「施工現場見学会」を開催

<開催の経緯>

201510月の2日間、新潟県長岡市で施主様のご厚意もあり「施工現場見学会」を開催しました。

この見学会は、ウレテック工法の採用を検討されているお客様や興味をお持ちのお客様を実際の現場に

お招きして、施工方法やその効果をご確認していただくというものです。

今回は一ヵ所で約200㎡の工場部分と、約130㎡の事務所部分の両方の施工が見学できるとても貴重な現場でした。

ご参加いただいたのは1日目が21名、2日目が12名の合計33名。中には他県からお越しいただいた

お客様もいらっしゃいました。

                                                  

15年10月21日8522aaa                                                                          

<見学の状況>

見学会は10分ほど現場の説明や工法の説明を行った後、注入する樹脂の膨張デモンストレーション、

実際の注入模様、上昇した数値のご確認などを行いました。

見学者様からは「凄い!」「工法がよくわかった」「さっそく検討したい」という感想をいただきました。

両日ともお客様に説明しながらの施工でしたが工場部分は約100mmのたわみを、

事務所部分は10mm25mm50mmとばらつきのある沈下を予定通りに修正することができ、

施主様からも感謝のお言葉をいただきました。今後も随時、開催する予定です。

                                                       

15年10月21日8751                                                                 

施工見学会実施日 201510

実施場所 新潟県

工事面積㎡ 工場部分約200㎡。中心に向かって100mmほどのたわみを修正。

      事務所部分130㎡。部分的に10mm25mm50mmのたわみを修正。

                                                        

◆お問合せ フリーダイヤル0120873835まで お気軽にお問合せください

 

メインマークの「テラテック工法」は、コンクリート土間床の下に発生した空洞による床の“傾斜”“たわみ”“段差”を、業務を停止せずに短期間で修正します。空洞に特殊な「テラテック樹脂」を注入。その膨張力で床を壊すことなく水平に戻します。
沈下修正・地耐力強化・軟弱地盤対策ならメインマークまでお気軽にお問合せください。