施工事例・傾き・沈下修正工事|沈下修正・地盤沈下・軟弱地盤ならテラテック

施工事例・傾き・沈下修正工事 沈下修正・地盤沈下・軟弱地盤ならテラテック

沈下修正・空洞充填のテラテック

施工日別事例: 2016年11月

東京都 道路補修工事(空洞充填・陥没対策)

施工日:201611

 当工事は、区役所の設計担当者様が工事方法の選定にあたり、ウレテック工法の空隙充填工法が最適とご判断頂きお問い合わせ頂きました工事です。

 

〈工事背景〉

対象区管内道路は、老朽化が進み再舗装を余儀なくされる道路路線を抱えており、数年前から日本の各所で発生している道路陥没において万全を期するため、道路の空洞調査を実施し陥没対策工事を実行致しました。

調査の結果、延長約500m程度の片側1車線で、9か所の空洞と思われる異常値が確認されました。

今回、工事方法の選定条件は下記の通りで、

  再沈下を抑制のため、できるだけ軽い材料で充填したい。

  1か所あたり0.3m3程度の小規模工事である。

  通行規制をできる限り少なくしたい。

  強度は、流動化処理土(300kN/m2)以上の材料とする。

以上の条件を満たす工事ということで、弊社にて工事させて頂くことになりました。

 

〈工事の状況〉

空洞調査で異常値が確認された7か所の充填を行いました。

注入箇所にレシーバーを設置し、道路の面が1mm隆起をもって、充填完了と致しました。

 

  s_dscf2015-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc%e6%9d%bf%e6%a9%8b%e9%81%93%e8%b7%af1

 

全ての充填作業中は板橋区監督員の立会いの下、写真撮影等行いしっかりとした管理を行い工事を遂行致しました。


施工 2016年11月

施工場所 東京都

施工日数 2日間

 

茨城県 自動ラック金型倉庫土間床沈下修正工事

<現場の状況>

フォークリフト販売会社の営業から、

「私のお得意様の工場なんですが、床が沈下して移動ラックがスムーズに動かなくて困っている・・・」

という相談をいただきました。

 

現場は、茨城県にある自動車や産業機械、船舶などの鍛造部品を製造、生産されているメーカー様の金型倉庫です。

移動ラックは7台稼働していました。

さっそく移動ラック用のレールが敷設されている床面を計測したところ、4mmから-27mmまで不陸が見られました。

 


<修正の状況>

当社のウレタン樹脂注入工法は、床を壊すことなく、移動ラックに重い金型を載せたままでも施工できるということで工事をさせていただくことになりました。

 %e3%83%a9%e3%83%83%e3%82%af%e5%80%89%e5%ba%ab

 

 

 

①1円玉より小さい16mmの注入孔を1.5m間隔で61ヵ所削孔

②孔に膨張性のある特殊ウレタン樹脂をミリ単位で計測しながら注入

③床版を持ち上げて不陸を修正

 

 

 

 

各ポイントごとに沈下量にばらつきがあることと、重い金型をラックに載せたままの施工だったので、修正量のコントロールが難しかったのですが問題なく目標値まで修正することができました。

 

 

%e5%80%89%e5%ba%ab%e6%96%bd%e5%b7%a5%e5%be%8c

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

施工 201611

施工場所 茨城県

工事面積㎡ 198

 

◆お問合せ フリーダイヤル0120873835まで お気軽にお問合せください。

(自動ラック倉庫土間床の沈下修正)

 

メインマークの「テラテック工法」は、コンクリート土間床の下に発生した空洞による床の“傾斜”“たわみ”“段差”を、業務を停止せずに短期間で修正します。空洞に特殊な「テラテック樹脂」を注入。その膨張力で床を壊すことなく水平に戻します。
沈下修正・地耐力強化・軟弱地盤対策ならメインマークまでお気軽にお問合せください。